引き戸の開閉音を抑えるためにリフォームするには

引き戸の開閉音

引き戸の開閉音は思っているよりも大きく響くため、夜中に聞くとびっくりして飛び起きてしまう人もいます。できる限り音を抑える方法としては、複数のものが存在しているため、予算や工期などから選ぶことが必要です。まず初めに、確認しておきたいこととして、引き戸のレールの音を聞いてみることが挙げられます。レールを動かす音が響いているなら、レール部分を確認してください。戸車と呼ばれる部分がさびている場合か、レール部分ときちんとあっていない場合に音が響くことがあります。レール部分のごみを取り除き、潤滑油を塗っても効果がない場合は戸車部分を交換することで静かに開閉できるようになるでしょう。建具店ごとに料金は異なるため、事前に確認してから依頼してください。

勢いよく開閉される音がうるさいと感じる場合、開閉機能にクローザーと呼ばれるものを取り付けることでうまくいくかもしれません。クローザーとは油圧で扉の閉めるスピードを遅くする装置です。自分で閉めなくても自動的にゆっくりと閉まるため、利便性が高いうえ、静音性も評価されています。クローザーはインターネット通販などをはじめ複数の店舗で販売されていますが、不安な時には建具店や工務店に相談しましょう。リフォームを行う場合、クローザー本体と交換作業代、出張費がかかります。平均的にトータルで5万円から7万円前後のリフォーム費用がかかるといわれているため、参考にしてください。あまりにも高額な費用を見積もられた場合は、なぜそんなに費用がかかるのか質問し、適切な料金で交換することを依頼しましょう。ドア自体の交換は数万円から50万円前後まで幅広いのですが、クローザーの取り付けや交換費用はそこまではかかりません。