リフォーム工事時に悪徳業者に当たらないための業者選びのポイント

外装や内装、水回りなどのリフォームを依頼するときは、目立つ広告が印象的だったから、価格が安かったからなど、安易な業者の選び方をしてしまうと、失敗するリスクが高くなります。リフォーム工事をする業者の中には、残念ながら悪徳業者も存在します。悪徳業者が利用する手口の1つとして、リフォームの「無料診断」という言葉を信じて消費者が騙されるケースが多くあります。建物の無料診断を謳う広告をチラシやネット見て問い合わせをし、家に来てもらって診てもらったところ、高額な診断料金を求められたり、強引に不明瞭なリフォーム工事をすすめられたりすることがあるのです。

外壁や水回りなどが劣化していてリフォームを検討している人にとっては、無料診断は魅力的に感じるかもしれませんが、タダほど高いものはないと思って、こういった無料という言葉に騙されないようにしなければいけません。悪徳業者に騙されないようにするためには、業者の良い悪いを見分けるポイントを知って賢い消費者になることが重要です。悪徳業者はどこにでもいると思って、業者の下調べをしたり、慎重にリフォーム工事の依頼先を決めるようにしましょう。

リフォーム工事の業者の良い悪いを判断する材料の一つとして、必要な資格を持っているかという点をチェックしてみてください。たとえば、建設業許可や建築士などの建築に関する資格、電気やガス、水道などに関連する資格を所持する専門スタッフが在籍する業者であれば心強いです。さまざまな場所のリフォームに対して、正しい知識や技術を持ち合わせている業者であれば、信頼性が高いです。

資格を所持していない業者に依頼すると、診断や設計、工事にいたるまで不安面が残ります。リフォームの欠陥トラブルに遭う可能性も高くなります。欠陥を指摘しても、まったく取り合ってくれないといった悪徳業者もあるので、知識や技術面において、安心して依頼できる優良業者を選ぶようにしましょう。

コメント