中古住宅をリフォームするまでの手順とは?

中古住宅を購入したいけれど、どのようにリフォームすれば良いか分からないという人も多いのではないでしょうか?いろいろな手続きもあるのでややこしいイメージもありますよね。今回は、中古住宅を購入してリフォームするまでの手順を解説します。まず、住宅を内覧することから始めましょう。インターネットを使って物件を探したり、不動産会社に聞いてみても良いですよ。良い物件が見つかったら積極的に内覧することで、契約したい物件が定まってきます。

コメント

契約したいと思える物件が出てきたら、複数のリフォーム会社と一緒に住宅を内覧してください。この時に大事なことは、リフォーム視点で内覧することです。なぜなら、住宅がリフォームできない構造になっている場合もあるからです。気になっている物件をすべてチェックするのは大変なので、ある程度絞ってから内覧すると良いです。

その後は、リフォームにかかるおおよその金額をリフォーム会社に出してもらいましょう。金額を出してもらう時に、リフォーム工事見積書も作成するように依頼してください。そうすることで、物件の購入金額とリフォームにかかる費用の総額を把握することが出来ます。

それが出来れば、金融機関や不動産会社などに資金計画を相談してください。金融機関は、住宅購入とリフォームの一体型ローンを扱っている機関に相談すると良いです。次に、中古住宅の売買契約を行います。ここで気を付けたいことは、不動産会社の仲介手数料や固定資産税などの支払いで現金も必要になるということです。準備するものとして、本人確認書類や印鑑証明などがあります。手付金を支払うことになるので、領収書を発行してもらうことを忘れないようにしましょう。最後はリフォーム工事の契約です。

見積もりを依頼した会社の中から、自分に合ったリフォーム会社を選びましょう。できれば、リフォーム工事をしたあとのアフターサービスもしてくれる安心できる会社を選んでください。