洗面リフォームの相場と注意点とは

コメント

洗面所は毎朝毎晩使う場所なので、常に清潔に快適にしておきたい場所です。そのかなめになるのが洗面ユニット。水道の蛇口や排水管などは定期的にメンテナンスが必要です。

それでも何年も使い続ければ寿命が来ます。どのご家庭でも必ずと言っていいほどリフォームの必要性が出てくるものです。

リフォームで気になるのが価格相場です。

洗面台自体の価格は大きさによって変化します。間口サイズ0.6mであれば、約60,000円ぐらいからが一般的な相場です。間口サイズの大きなもの1.2mになると15万円~20万円ぐらいからが相場です。多くの場合、洗面台本体価格と取付工事価格が一括提示されます。間口サイズ0.6m~1.2mで取付工事込みで約7万円から~23万円になります。

この価格には、従前の洗面台取り外し工事と引き取り価格も含まれます。

コメント

洗面所全体をリフォームしたい場合には床、壁、天井のリフォーム価格も考えなければなりません。洗面所全体のリフォームになると60万円~が一般的な相場になります。もちろん、広さによって価格相場は大きく変化します。費用が安いほうが嬉しいのはだれしも同じですが、費用を抑えることに気を取られて必要な機能がついていなければ、結局あとで追加工事をして費用が高くなることも考えられます。注意したいのは、どんな機能が必要なのかをしっかり把握しておくことです。この点に関しては、しっかりメモを取ると同時にリフォーム業者との事前相談が欠かせません。リフォーム業者は専門家なので、利用者の年齢に応じて必要な機能に対する知識があります。また、新しい技術に対する知識も豊富です。

湿気に強い床材や天井材、高齢者に必要な手すりの知識など、ありとあらゆる事柄をリフォーム業者に相談することが、快適な洗面所づくりの第一歩になります。一方で不必要な機能を排除することが費用を抑えるポイントになります。この点に関してもリフォーム業者に相談することが大切です。不必要な機能についても丁寧に説明してくれる業者がいい業者であるといえます。もう一つ注意したいことが、一社の見積もりだけで判断しないということです。

必ず、2,3社の見積もりをもらってよく比較検討して判断しましょう。

比較項目は、欲しい機能がそろっているか?不必要な機能が盛られていないか?建材は確かなものが使用されてるか?洗面台は確かなものが使用されているかなどです。建材や洗面台のメーカーや品番は、必ず確認しましょう。インターネットで調べれば性能や基本価格を調べることができます。洗面所の快適性は生活の快適性を左右するといっても過言ではありません。いかにいいリフォーム業者を選ぶかはとても重要なことです。