洋室がリフォームで素敵な子供部屋に変わる

コメント

子供が生まれて、おもちゃや絵本を置ける子供部屋があったら、便利で子供も喜びますよね。また、小学生になって勉強用に個室を用意しないと、と考えることもあります。そこで、使っていない洋室を、子供部屋にリフォームするのはどうでしょう。

リフォームを考えた時に、押さえておきたい主なポイントが2つあり、そこに気を付けてリフォームすれば、お家時間がより楽しくなるはずです。

ます1点目は、壁クロスや床材の選択です。壁や床といった大きな面積を変えると、部屋の雰囲気が一気に変わり、子供部屋らしくなります。こちらは比較的予算も押さえられ、気軽に実行できるリフォーム方法です。ただし、あまりにも可愛らしすぎるものにしてしまうと、成長した時に子供自身が嫌だと言う可能性もあるので、何度も張替したくない方は、壁の一部にブルー等のアクセントカラーを使い、他はシンプルにすると、長く使えるオシャレな子供部屋になります。また、万が一張替が必要になっても、一部だけなので作業もそこまで大変になりません。

コメント

次に、将来的に子供を2人以上欲しい方や、今現在2人以上子供がいる方は、子供が成長した時のパーソナルスペース確保のために、1つの部屋を2つに分けるリフォームを検討するといいでしょう。部屋の壁クロスを2色に分け、稼働式のパーテーションを設置し、子供が大きくなったらパーテーションで区切るというリフォーム例もあるので、参考にするといいでしょう。ロフトを作って上下で分ければ、空間の有効活用が可能です。また、スペースに余裕があれば、ドアを2つ設置すると、将来より機能的に使うこともできます。ただ、1つの部屋を2つに分けるリフォームは、予算がどうしてもかかってしまうので、予算内で希望のリフォームができるかどうか、よく検討する必要があります。

限られたスペース内で子供部屋へとリフォームするには、子供の成長や将来のこと、それから予算を考え、上手に計画する必要があります。

家族にとって、何を大切にしたらいいのかをよく話し合えば、みんなが居心地のよい素敵なリフォームが完成するでしょう。