2世帯住宅にリフォーム検討中の人は必ず水回りなどの課題とメリットを知ろう

>2世帯住宅にリフォーム

2つの世帯が一緒に暮らす場合、それぞれの世帯が過ごしやすくするために「2世帯住宅」にリフォームすることもあります。リフォーム対象となる箇所は、住宅の状態や家族の年齢などによっても異なります。リフォームに際しては、水回りをどうするかが焦点になることも少なくないでしょう。水回りは生活に欠かせない大事な場所であり、やり直しが難しいだけに入念に計画をすることが大切です。

その前に、2世帯住宅には「完全分離型」「一部共有型」「完全同居型」があることを把握しておきましょう。どのタイプがよいのかは一概には言えません。しかし、それぞれの世帯の生活時間帯が著しく異なる場合は、お互いに気を使わなくてもよい間取りにしたほうがよいかもしれません。その場合、同居する親世帯、あるいは子世帯との関係によって希望の間取りが異なることがあるでしょう。

水回りの代表としてキッチンが挙げられます。キッチンに立つ頻度が高い人のなかには、それぞれの世帯専用のキッチンを望む人がいるかもしれません。同居するのが自分の親ならともかく、義理の親と同居する場合は些細なことでも気になることがあるからです。また、お風呂を別々にすることで、仕事で夜遅く帰宅しても気兼ねなく入浴できるでしょう。

もちろん、2世帯住宅ならではのメリットも見逃せません。2世帯住宅には3世代が同居することが大きな特徴です。その分、子育てに関われる人が増えるので、自分一人で頑張らなくて済むことが大きなメリットです。2世帯住宅にリフォームする場合、バリアフリー化を意識した設計が多い点にも注目されます。

バリアフリー住宅は住む人に優しい設計であり、高齢者だけでなくお腹が大きい女性や小さい子どもに役立つことが少なくないからです。座ったまま使えるシンク、段差がない玄関、車いすで通りやすいアプローチや廊下など、具体例を挙げるとキリがありません。2世帯住宅のリフォームを検討している人は、将来のことを考えて設計することをおすすめします。

バリアフリー住宅