リフォームに係るゴミ問題を解決するには

リフォームに係るゴミ

リフォームをするときは、リフォームの前と後で必ず「ゴミ」が発生します。しかもこのゴミは、原則自分で処分しなければなりません。粗大ゴミであれば事前にシールを購入するなどの手続きをしなければなりませんし、家電リサイクル法に指定されている冷蔵庫、パソコン、テレビ、洗濯機などは、個別に販売店などに引き取ってもらう必要も出てきます。

以上のような状況を踏まえて、リフォームに係るごみ問題を解決する方法を考えてみます。

まずリフォーム前に廃棄する中型~大型の家具や家電などをリストアップしておくことです。リストには家具名などのほかに、処分方法、処分金額、手続き窓口などを書いておくと、リスト作成後の処理がスムーズに進みます。特に家電リサイクル法で規定されている物については、早めの手続きをしておくと、後で慌てなくて済みます。また、一般ごみで処分するものなどについては、計画立てた早めの処分が有効です。とはいっても普段使いをしているものはぎりぎりまで捨てずに使うでしょうから、普段の生活の中で優先順位の低いものから捨てていきましょう。

一方ゴミの量が想定していたよりとても多くなってしまった場合は、自分で処分するのには限界があるかもしれません。特にリフォームが終わってみると、想像もしなかったごみの量に圧倒されてしまう人もいるようです。実際に利用するかどうかは別として、このような状況への備えはしておくべきでしょう。分量過多問題への対処法として有効なのは、ごみ回収の専門業者を手配することです。プロなので仕事が早く、業者の中には物によって買取をしてくれるところもあります。業者のいいところはごみの搬出をしてくれたり、どんなに重たい荷物でも特殊物でない限り引き取ってくれる点にあります。ほかの方法としては自治体が運営するクリーンセンターへの持ち込みも有効です。自治体によって有り無しや扱いは変わりますが、こちらも特殊なものではない限り、持ち込んだものを処分してくれます。

自分が住む町の自治体のホームページで、詳細は確認できます。